Q. JAN、EAN、UPCコードの関係は?

A.

JAN(Japan Article Number)コードは、日本。EAN(Europe Article Number)コードは、ヨーロッパ。
UPC(Universal Product Code)コードは、米国やカナダにおける流通業界のために規格化された流通統一シンボルで、相互に互換性を持って作成されています。
なお、JANコードは、EANコードのフラッグ(国コード)を45または49にしたもので、JANとEANのコード体系は全く同じです。
したがって相手国で使用しているコードを取得しなくても、JANコードが付いていれば輸出が可能になる国が多くあります。
いずれも、流通情報システムの標準化を進める国際組織GS1により標準化されルールが定められています。

日本のPOSレジ(13桁対応) EAN(13桁)、UPC(12桁)どちらも読み取りができる。
EAN加盟国のPOSレジ(13桁対応) JAN(13桁)、UPC(12桁)どちらも読み取りができる。
アメリカ、カナダのPOSレジ(12桁) JAN(13桁)、EAN(13桁)は読み取ることができない。

詳細は、GS1 JAPAN (財)流通システム開発センターのホームページで各種コード登録・概要を参照ください。

日栄インテック株式会社
ICTソリューション事業部 Auto-ID グループ

info@barcode.ne.jp

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00 土日祝 除く

toTop

NICHIEI INTEC

ADRESS

東京オフィス
〒110-0016
東京都台東区台東3-42-5
日栄インテック御徒町第1ビル 8F

TEL:03-5816-7141

FAX:03-5816-7140

名古屋サテライト
〒454-0027
愛知県名古屋市中川区広川町3-1-1

TEL:052-363-6191