ホームへ > バーコードとは?一覧へ バーコードシンボルの概要

バーコードシンボルの概要

バーコードシンボルの概要


バーコードシンボルには、一般的に使用されている物でJAN、EAN、UPC、CODE-39、NW-7(CODABAR)、ITF(インターリーブド 2 of 5)、スタンダード 2of5(インダストリアル 2 of5、ディスクリート 2of5)、CODE-128、CODE-93、CODE-11、MSIなどがある。この他郵便書き留めで使用されている特殊コードなどのように、一部で専門的に使われているバーコードシンボルも存在します。
バーコードシンボルにはそれぞれ特長があるので、利用方法、アプリケーションに合った物を選択する必要があります。

 
 
■ITF(インターリーブド2of5) 詳細
  <概要>
太、細のバーとスペース(2値)で表現されるバーコードシンボルで、奇数桁をバー、偶数桁をスペースで表すバーコード。奇数桁をバー、偶数桁をスペースで表現するので基本的には偶数桁のバーコードしか存在しない。(但し、奇数桁の場合にはNULコードを付加して表現される場合も有る)。バーコードは5本(3本の細と2本の太)で構成される。段ボール印刷、図書館、ビデオ、カラオケ予約などで使用されている。1987年にJISに制定された。
<特長>
  • 0―9の数字を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格ではないが、チェックデジットを付けて使われる場合が多い。チェックデジットはモジュラス10で計算されている。
  • 2値の太さのバーとスペースで表現される。
  • 1つのキャラクタを5本で表現しているのでバーコード長を短く出来る。しかし、誤読が多いのでチェックデジットが必要。
<使用例>
  • 段ボール印刷(ITF14、ITF16)、図書館(貸し出し管理)、ビデオ予約、カラオケ予約などで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字だけを使用する場合に使う。
  • チェックデジットを付けて使用する事をすすめる。
 
■ITF(JIS-X-0502) 詳細
     
■インターリーブド 2of5 (ITF) 詳細
  <概要>
太、細のバーとスペース(2値)で表現されるバーコードシンボルで、奇数桁バー、偶数桁をスペースで表すバーコード。奇数桁をバー、偶数桁をスペースで表現するので基本的には偶数桁のバーコードしか存在しない。(但し、奇数桁の場合にはNULコードを付加して表現される場合も有る)。バーコードは5本(3本の細と2本の太)で構成される。段ボール印刷、図書館、ビデオ、カラオケ予約などで使用されている。1987年にJISに制定された。
<特長>
  • 0―9の数字を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格ではないが、チェックデジットを付けて使われる場合が多い。チェックデジットはモジュラス10で計算されている。
  • 2値の太さのバーとスペースで表現される。
  • 1つのキャラクタを5本で表現しているのでバーコード長を短く出来る。しかし、誤読が多いのでチェックデジットが必要。
<使用例>
  • 段ボール印刷(ITF14、ITF16)、図書館(貸し出し管理)、ビデオ予約、カラオケ予約などで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字だけを使用する場合に使う。
  • チェックデジットを付けて使用する事をすすめる。
 
■EAN(Europian Article Number)  
  <概要>
1977年にUPCコードに準拠して制定された共通商品コードでヨーロッパで使用されている。店頭小売り商品(食品、たばこなど)に印刷されているので見かける機会が非常に多い。
<特長>
  • EANコードは0―9の数字のみを表現する。
  • バーコードの桁数は8桁と13桁の2種類である。
  • EANコードには必ずチェックデジットが入っており誤読の確立を低くしている。チェックデジットはモジュラス10で計算されている。
  • EANコードは4値の太さのバーとスペースで表現される。
<使用例>
  • 店頭販売される小売り商品に使用されている。(食品、雑貨、たばこなど)
<資料> 世界各国の国コード表
 
 
■EAN-128(1) 詳細
     
■EAN-128(2)1999年3月31日掲載 詳細
     
■NW-7(CODABAR) 詳細
  <概要>
NW-7は1994年に日本でJIS―X-0503として規格化された。NW-7は4本のバーと3本のスペースの合計7本で1キャラクタを構成している。NW-7は太と細の7本のエレメントで構成されているのでNW-7と呼ばれている。
NW-7は比較的単純な構成と高い印刷精度が要求されないところから、非常に古くから使用されてる。
<特長>
  • 0~9までの数字。
  • 6個の特殊記号。(-,$,:,/,.,+)
  • 4個のスタート・ストップコード(A~D)
<使用例>
  • 医療機関(病院/血液銀行)、図書館(貸し出し管理)宅配便(佐川急便、ヤマト運輸などの送り状)、各種会員カードなどで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字だけを使用する場合に使う。
 
 
 
■コーダバー(CORDABAR、NW-7) 詳細
  <概要>
NW-7は1994年に日本でJIS―X-0503として規格化された。NW-7は4本のバーと3本のスペースの合計7本で1キャラクタを構成している。NW-7は太と細の7本のエレメントで構成されているのでNW-7と呼ばれている。
NW-7は比較的単純な構成と高い印刷精度が要求されないところから、非常に古くから使用されてる。
<特長>
  • 0~9までの数字。
  • 6個の特殊記号。(-,$,:,/,.,+)
  • 4個のスタート・ストップコード(A~D)
<使用例>
  • 医療機関(病院/血液銀行)、図書館(貸し出し管理)宅配便(佐川急便、ヤマト運輸などの送り状)、各種会員カードなどで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字だけを使用する場合に使う。
 
■CODE-39 詳細
  <概要>
2値(太、細)のバーとスペースで表されるバーコードで、9本(5本のバーと4本のスペース)で構成される。スタートコード、ストップコードには*が用いられ、データを*で挟んだコードである。使用できるデータは英数字、特殊記号である。FA、OAなどで主に使用されている。1994年にJISに制定された。
<特長>
  • 0―9の数字、英文字と特殊記号(―、+、$、%、/、.、スペース)を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格ではない。(チェックデジットが無くても信頼性の高いバーコードである)
  • チェックデジットはモジュラス43で計算されている。
  • 2値の太さのバーとスペースで表現される。
<使用例>
  • FA(生産ライン、在庫管理)、OA(伝票管理)などで使用されている。米国ではAIAG(米国自動車事業界)、EIA(米国電子部品業界)、HIBCC(米国保険医療産業)などで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字、英数字を使用する場合に使う。
 
■CODE-93  
  <概要>
CODE-39のバーコード長を短くする為に開発されたバーコードで。4値のバーとスペースで表されるバーコードである。使用できるデータは英数字、特殊記号である。FAなどで主に使用されているがあまり普及していない。
<特長>
  • 0―9の数字、英文字と特殊記号を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格である。
  • チェックデジットはモジュラス47で計算されている。
  • 4値の太さのバーとスペースで表現される。
<使用例>
  • FA(生産ライン、在庫管理)などで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字、英数字を使用する場合に使う。
 
■CODE-11
  <概要>
2値(太、細)のバーとスペースで表されるバーコードである。使用できるデータは数字、特殊記号である。日本では殆ど使用されていない。
<特長>
  • 0―9の数字、英文字と特殊記号を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格である。(1桁、または2桁)
  • チェックデジットはモジュラス47で計算されている。
  • 2値の太さのバーとスペースで表現される。
<使用例>
  • 米国AT&T社などで使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字を使用する場合に使う。
 
■CODE-128 詳細
  <概要>
CODE-39のバーコード長を短くしてデータの信頼性を高める為に開発されたバーコードで、4値のバーとスペースで構成される。使用できるデータは英数字、特殊記号である。FA、OA、商品流通コードなどで主に使用されている。1995年にJISに制定された。MSIコードに変わって使用されはじめた。
<特長>
  • 0―9の数字、英文字と特殊記号を表現する。
  • バーコードの桁数は自由に決定できる。
  • チェックデジットは必ず付ける規格である。(チェックデジットを付けない使用方法も出てきている)
  • チェックデジットは2桁付ける。(最も信頼性の高いバーコードである。)
  • チェックデジットはモジュラス103で計算されている。
  • 4値の太さのバーとスペースで表現される。
<使用例>
  • FA(生産ライン、在庫管理)、OA(伝票管理)、商品流通コードとして使用されている。
<使用方法>
  • 0-9の数字、英数字を使用する場合に使う。
 
 
 
JANコード規格 詳細
 
  • <概要>
    1978年にJIS化された共通商品コードで日本で使用されている。店頭小売り商品(食品、たばこなど)に印刷されているので見かける機会が非常に多い。現在では90%以上の小売り商品に印刷されている。EANコードをもとにして作られた規格である。
    <特長>
    • JANコードは0―9の数字のみを表現する。
    • バーコードの桁数は8桁と13桁の2種類である。
    • JANコードには必ずチェックデジットが入っており誤読の確立を低くしている。チェックデジットはモジュラス10で計算されている。
    • JANコードは4値の太さのバーとスペースで表現される。
    • JANコードの番号(データ数字)は流通コードセンターで管理している。
    <使用例>
    • 店頭販売される小売り商品に使用されている。(食品、雑貨、たばこなど)
    • スーパーなどで生鮮食品にインストアーマーキングとして使用されている。
    <使用方法>
    • 0-9の数字だけを使用し、8桁か13桁しか使用しない場合に使う。
    • 必ずチェックデジットが入っているので、読取りデータの信頼性を要求する場合に使用する。
    • 社内で使用される場合(インストアーマーキング)では自由にバーコードを印刷できる。しかし、一般に流通される商品に印刷する場合には、流通コードセンターに商品登録を行い番号を発行して頂かなければならない。
    • 初めの2桁(49又は45)を国番号として使用しているので、インストアーマーキングの場合にはこの2つの数字から始まるデータは避けた方が良い。
 
 
 
■UPCコード(Universal Product Code)
  <概要>
1973年にアメリカで制定された商品流通コードでアメリカ、カナダで使用されている。JANコード、EANコードのもととなったコードである。UPCコードには3種類ある。
  • Aバージョン
    JANコード、EANコードの13桁と非常に似ており、12桁の数字をコード化した物である。1桁目に意味を持たせており、標準は「0」、各ストアでコード化する場合には「2」、NDC(薬品コード、National Drug Code)及びHRI(米国保険関連商品コード、National Health Related Items Code)は「3」、チェックデジットによって保護ざれている物は「4」、クーポンは「5」を使用している。これ以外の番号は規格が決定されていない。
  • Dバージョン
    12桁+n桁のキャラクタ。Aバージョンでは12桁しか使えないのでこのDバージョンで桁数 を増やす事ができる。(現在はあまり使われていない)
  • Eバージョン
    Aバージョンで作られたバーコードの中で、データの「0」をある一定の規則で削除して短縮するバージョンである。EバージョンはAバージョンに変換する事ができる。