集合包装用商品コード(ITF・アイティーエフ)とは?

集合包装用商品コードは、JANコードと同じように国際的に使われている商品を識別するためのコードです。
JANコードが消費者購入単位に設定されるのに対して、集合包装用商品コードは企業間の取引単位である集合包装(ケース、ボール、パレットなど)に対し設定されます。主に受発注や納品、入出荷、仕分け、棚卸管理等において集合包装の商品識別コードとして使われます。国際標準ではGTIN-14と呼ばれます。
集合包装とは同一商品が複数入った段ボールなどの外箱や内箱のことをさします。集合包装用商品コードはスキャナで読み取るために段ボールなどの集合包装にITFシンボルという縞模様により印刷します。

ITFとはInter - Leaved(さし挟んだ)Two of Five(5本のバーのうち2本のバーが太いという意味)の略称です。
一般に集合包装用の包材は段ボール等、バーコード印刷の精度を確保しにくい材料が使われる場合が多いため、印刷精度がJANシンボルなどに比べると比較的緩やかであるITFシンボルが採用されています。
ITFシンボルは、集合包装用商品コード以外にも、JANコードが付番されている取引単位(この取引単位は集合包装用商品コードによる荷姿階層識別を必要としていない)を企業間取引の物流上でバーコードシンボルにより印刷表示する場合に使われます。この場合、JANコードの前に"0"をつけ、14桁としてITFシンボルに表現します。

ITFコードの体系

集合包装用商品コードの先頭の1桁目はインジケータと呼ばれ、"1"~"8"の8通りあります。このインジケータにより集合包装の荷姿や入数違い、販売促進の単位を分けることになります。このインジケータの後には集合包装に内包される個装(単品)のJANコードの先頭12桁が表記されます。最後の1桁がチェックデジットで、合計14桁になります。このチェックデジットは、集合包装に入っている個装(単品)のJANコードのチェックデジットとは異なりますので、再計算して求めます。


<集合包装用商品コード作成例>
単品JANコード              45 12345 67890 6
集合包装用商品コード 1 45 12345 67890 3
 
詳細は、GS1 JAPAN (財)流通システム開発センター のホームページで集合包装用商品コードとITFシンボルを参照ください。  

 

 

出典:GS1 JAPAN (財)流通システム開発センター

Bartender
BarTenderシリーズ
(ソフト)簡易バーコード作成ソフト

日栄インテック株式会社
ICTソリューション事業部 Auto-ID グループ

info@barcode.ne.jp

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00 土日祝 除く

toTop

NICHIEI INTEC

ADRESS

東京オフィス
〒110-0016
東京都台東区台東3-42-5
日栄インテック御徒町第1ビル 8F

TEL:03-5816-7141

FAX:03-5816-7140

名古屋サテライト
〒454-0027
愛知県名古屋市中川区広川町3-1-1

TEL:052-363-6191