• HOME
  • Q&A よくあるご質問
  • Q. FFTA10APU/BPUを1台のPCに複数台接続して使用する場合、どの機器から入力されたデータか判断することは可能ですか。

Q. FFTA10APU/BPUを1台のPCに複数台接続して使用する場合、どの機器から入力されたデータか判断することは可能ですか。

A.

FFTA10APU/BPUは、データの前後にあらかじめ設定しておいた文字列を付加することが可能です(プリフィックス/サフィックスの設定)。データ前後に各12文字まで付加できますので、スキャナのID番号などを付加することで、どのスキャナから入力されたか判断できるようになります。

例:
スキャナが3台だとすると、それぞれに「01-」「02-」「03-」というプリフィックスを設定しておきます。
「12345」という内容のバーコードを読取ったときの出力データはそれぞれ「01-12345」「02-12345」「03-12345」となり、どのスキャナからの入力か判断可能となります。

関連製品

Bartender
FFTA10AP/BPシリーズ
(1次元) CCDタッチスキャナ

日栄インテック株式会社 
ICTソリューション事業部

info@barcode.ne.jp

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00 土日祝 除く

toTop

NICHIEI INTEC

ADRESS

東京オフィス
〒110-0016
東京都台東区台東3-42-5
日栄インテック御徒町第1ビル 8F

TEL:03-5816-7141

FAX:03-5816-7140

名古屋サテライト
〒454-0027
愛知県名古屋市中川区広川町3-1-1

TEL:052-363-6191