PDF417(ピーディーエフ417)とは?

PDF417は、1989年にシンボルテクノロジー社(アメリカ/現:モトローラ社)によって開発されたマルチロー(スタック)式2次元シンボルです。
PDF417という名称は、Portable Data Fileの頭文字をとってPDF、4バー・4スペースの17モジュールのモジュール構成から417と呼ばれています。
最大情報量は、英数字で1,850字、数字で2,725桁、バイナリで1,108バイトの大容量シンボルを実現し、高密度に圧縮してコード化もできます。また、ASCIIデータやバイナリデータがコード化できることから、漢字、図形、画像、音声等もコード化できます。
高密度なコードのため低価格のレーザスキャナでも読み取れること、縦横のデザインが容易に変更できること、優れたエラー訂正機能を持っていることなどから、多方面で高く評価・採用されています。
PDF417には下記の種類があります。

1) PDF417

最大情報量は、英数字で1,850字、数字で2,725桁、バイナリで1,108バイトの大容量シンボルを実現し、高密度に圧縮してコード化もできます。また、ASCIIデータやバイナリデータがコード化できることから、漢字、図形、画像、音声等もコード化できます。

2)コンパクトPDF417

印字領域確保が最も重要で、シンボル自体の損傷が極めて考えにくい場合は、右行指示子を省略し、ストップパターンを1モジュール幅のバーに縮小したシンボルを使用することができます。このように右行指示子の省略とストップパターンを縮小化したPDF417を、コンパクトPDF417といいます。

3) マクロPDF417

単一のPDF417では表現できないような大量のデータを、複数のPDF417に分割し、連続的なデータとして表現することが可能です。このように分割した複数のPDF417を1つのデータとしてエンコードする方法をマクロPDF417といいます。マクロPDF417では、最大99,999個の異なるPDF417を任意の順に読み取って、正確に基の情報を表現することができます。

PDF417の構成

  
  • ① クワイエットゾーン(マージン)
    上下左右にある余白の部分。 余白は、2モジュール以上のスペースを必要とします。
  • ② スタート/ストップキャラクタ
    データの始まりと終わりを表します。
  • ③ 指示子(インジケータ)
    1行あたりの各パラメータを表示しています。指示子(インジケータ)で表現されている内容は、行番号、行数、列数、誤り訂正レベルを符号化しています。
  • ④ データコード語
    バーコード語のシンボル情報の基本単位で、1~30個で構成されます。1つのデータコードば、17モジュールで構成されます。また、バースペースは4本ずつで、必ずバーから始まります。英数字2文字を約1データコード、数字だけであれば3文字を約1データコード、漢字等の2バイト文字は1文字で約2データコードのように表現します。データコード語は、縦方向に最小で3行、最大90行、横方向に1個~30個まで拡張が可能です。
  • ⑤ 高さ
    最小3行、最大90行。
  • ⑥ 誤り訂正レベル
    PDF417の誤り訂正レベルは、シンボル作成時に0~8までの9段階で指定できます。誤り訂正レベルによる修復可能なデータコード数は、以下のようになります。
    誤り訂正レベル 0 1 2 3 4 5 6 7 8
    訂正コードワード 16 32 64 128 256 512
  • ・ 誤り訂正レベルを設定しなくても、最低2データコード分が修正できます。
    ・ 推奨される誤り訂正レベルは、2~5を目安としています。
 

関連製品

NI22XUSB
NI22XUSB
(2次元)抗菌筐体ヘラ型スキャナ
NI3200IBT/NI3200IBTU
NI3200IBT/NI3200IBTU
(2次元)抗菌筐体ワイヤレススキャナ
Bartender
BarTenderシリーズ
(ソフト)簡易バーコード作成ソフト

日栄インテック株式会社
ICTソリューション事業部 Auto-ID グループ

info@barcode.ne.jp

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00 土日祝 除く

toTop

NICHIEI INTEC

ADRESS

東京オフィス
〒110-0016
東京都台東区台東3-42-5
日栄インテック御徒町第1ビル 8F

TEL:03-5816-7141

FAX:03-5816-7140

名古屋サテライト
〒454-0027
愛知県名古屋市中川区広川町3-1-1

TEL:052-363-6191