Data Matrix(データマトリックス)とは?

Data Matrix(データマトリックス)は、1987年アイディマトリックス社によって開発されたマトリックス型2次元シンボルです。DataMatrixには、ECC000、ECC050、ECC0800、ECC100、ECC140という古いバージョンとECC200の新しいバージョンがあります。また、Data Matrix(ECC200)には、正方形タイプと長方形タイプがあります。

1) ECC000、ECC050、ECC0800、ECC100、ECC140

セル数は、9×9から49×49までの奇数のセル数で構成され、誤り訂正の方法として「コンボリューション方式」を採用したDataMatrixです。データ容量を大きくすると、わずかな歪みで読み取りが非常に悪くなり、2次元コードとしての性能が劣ることから、使用されていません。

2) ECC200

DataMatrixの初期バージョンで問題となっていた歪みを補正する機能を向上させたバージョンです。また、シンボルを小さくすることができるようになりました。
ECC200の誤り訂正には、コードの一部分が損傷した場合でもデータの復元が可能な「リードソロモン方式」を採用しており、訂正率はシンボルサイズにより異なります。読み取りできないデータに対する誤り訂正率は27.1%~38.9%、誤読したデータに対する誤り訂正率は14.2%~25%であり、シンボルが小さくなるほど訂正率が高くなります。なお、ECC200は、シンボルサイズにより訂正率が自動的に決定されるため、訂正率を決定することはできません。
最小セル数は10×10セルで、最大セル数は144×144セルで、必ず偶数セルで構成されています。また、データセルが24×24以上(シンボルサイズ26×26セル以上)になった場合、シンボルを分割し1ブロックは24×24セル以上にならないようにしています。正方形タイプに登録できる最大データ量は、数字で3,116字、英数字で2,335字、バイナリで1,556字です。長方形タイプに登録できる最大データ量は、数字で98字、英数字で72字、バイナリで47字です。
また、このシンボルにはダイレクトマーキングなどの白黒反転して使用する場合のために、白黒反転像についても規格化されています。
誤り訂正率が高く、情報密度も高いことから、アメリカでは部品のマーキング(ダイレクトパーツマーキング(DPM))に使用されたりしています。

POINT! ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140とECC200の簡単な見分け方は、一辺のセル数が奇数のものが「ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140」、偶数のものが「EC200」になります。

Data Matrixの構成

  • ① クワイエットゾーン(マージン)
    上下左右にある余白の部分。 余白は、1セル以上を必要とします。
  • ② アライメントパターン/クロックパターン
    L字のアライメントパターンと、点線上のクロックパターンを辺の部分に配置し、その中にデータセルが入るという構成になります。コードリーダーは、このアライメントパターンとクロックパターンを画像処理することで位置検出をおこなうので、360°全方向で読み取ることができます。
  • ③ 高さ
    セル数は10×10~144×144までの24種類があります(長方形は6種類)。データセルが24×24セル以上(シンボルサイズが26×26以上)になった場合は、シンボルが分割され、1ブロックあたり24×24セル以下になり、シンボルの歪みに対して非常に強くなります。
    • 出典:株式会社キーエンス よくわかる2次元コードの基本

関連製品

NI46XUSB
NI46XUSB
(2次元)抗菌筐体ガン型スキャナ
Bartender
BarTenderシリーズ
(ソフト)簡易バーコード作成ソフト

日栄インテック株式会社
ICTソリューション事業部 Auto-ID グループ

info@barcode.ne.jp

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00 土日祝 除く

toTop

NICHIEI INTEC

ADRESS

東京オフィス
〒110-0016
東京都台東区台東3-42-5
日栄インテック御徒町第1ビル 8F

TEL:03-5816-7141

FAX:03-5816-7140

名古屋サテライト
〒454-0027
愛知県名古屋市中川区広川町3-1-1

TEL:052-363-6191