ホームへ > Q&A一覧へ CCDタッチスキャナの特徴は?
CCDタッチスキャナの特徴は?
A: CCDタッチスキャナはセルフスキャニングを行うバーコードスキャナなので操作の馴れがあまり必要ありません。また、可動部分が無いことも1つのメリットです。
可動部分が有ると故障箇所が増えたり寿命が短くなったりします。
このことから、レーザスキャナ よりCCDタッチスキャナの方がスキャニング回数が増やせます。(一般的なレーザスキャナは約30~100回/秒、一般的なCCDタッチスキャナは100~200回/秒)