ホームへ > バーコードとは?一覧へ 流通EDIのかなめ、汎用標準バーコード・GS1-128(EAN-128)【1】

流通EDIのかなめ、汎用標準バーコード・GS1-128(EAN-128)【1】

 
流通EDIのかなめ、汎用標準バーコード
GS1-128(EAN-128)
【1】
汎用標準バーコード・GS1-128(EAN-128)の概要
(財)流通システム開発センター佐藤 誠

GS1-128(EAN-128)と標準バーコード
   最近、各国のサプライ・マネージメント・システムの中で、汎用標準バーコード・GS1-128(EAN-128)が盛んに活用され始めている。我国でも、チェーンストアとサプライヤー間でのASN/SCMラベル物流管理システムやハム会社での製造日と重量管理などに使われており、医療用品・医薬品の業界でもロット管理、製造日管理への適用が検討されている。
 バーコードは、個品にマ-キングをして使うEAN13/8、つまり我国でのJANコードがPOS、EOS、検品など取引企業間で共通の業務(サプライ・チェーン業務)で効果を上げてきている。さらに実地棚卸しなどの社内業務でも多大な効果を上げている。集合包装にマ-キングするITFも検品や、実地棚卸し、仕分けの業務で使われている。
 JANコードやITFは共通商品コード用のバーコードであるが、それ以外の物流管理、商品管理、業務管理などあらゆる業務に使うバーコードとしてGS1-128(EAN-128)のバーコード・システムが国際EAN協会で標準化され、近年、各国の多くの業界で活用がはじまっている。
 サプライチェーンの取引企業間情報システムはEDIとバーコードを組み合わせた総合システムとして構築され効果をあげている。その意味で、(財)流通システム開発センターは、GS1-128(EAN-128)はJANコード、ITFともに流通EDIのかなめとして応用開発、普及促進に入っている。
 これらのEAN標準バーコードの関係を整理すると第1表のようになる。
 
第1表 UCC/EANのバーコードの体系
表示バーコード 特長と利用場面
EAN-13
JANコード
商品コード(単品)
・商品識別のためのコード。
・消費者への販売単位で商品(単品)一つ一つに印刷される。
・POSやEOS(補充発注)、棚卸し、POSデータマーケティングなどに利用される。
ITFコード 商品コード(集合包装)
・集合包装単位の商品を識別するためのバーコード
・主に段ボールなどにソースマ-キング印刷またはラベルにマ-キングをして使用される。
・入出荷管理、在庫管理などの物流システムに使用される。
GS1-128(EAN-128) 汎用バーコード
・物流管理、商品管理、請求・支払業務システムで汎用に使用する標準バーコード。
・商品製造年月日、品質保証期限、ロットナンバー、重量、梱包番号、出荷先番号、出荷先企業コード、
 数量、発注番号などコード128というバーコードシンボルで表現する。
・事前出荷明細データ交換(ANS)とSCMラベルの形で利用される。

GS1-128(EAN-128)のバーコードのしくみ
 

GS1-128(EAN-128)のバーコードは、製造年月日、薬効期限日、納入日、などの日付けや品質保証期間、ロットナンバー、重量、出荷先企業コード、梱包番号、発注番号など各種のコードや少量データを表示する汎用の標準バーコードである。
 GS1-128(EAN-128)では、コード128というバーコード・シンボルを使用し、国際EAN協会が定めた、標準のデータ表示形式に従ってデータを表示する。
 GS1-128(EAN-128)のデータ形式はアプリケーション識別子(AI:Application Identification)という各データ項目毎に定めたコードとそれに対応するデータの内容の組合わせで表示する。EAN-128は一つのバーコードに二個以上のデータ項目を同時に表示できる特長を持っている。
 第1図はハム・ソーセージ・メーカーの商品管理ラベルの例である。AI=01はSCC14(ITF14商品コード)を示す識別子であり、その後に14桁のSCC、19310095080250のデータが表示される。次のAI=15は品質保持期限日を表す識別子で、その後の950827は品質保持期限日が 95年8月27日であることを表している。同様にこの例ではバッチナンバー(AI=21)のデータを1つのバーコードでラベルにプリントして商品の梱包の上に貼付して使用している。
ストップコード

アプリケーション識別子
  アプリケーション識別子はGS1-128(EAN-128)のバーコードで表すデータのデータ項目を示す識別コード番号である。略称でAIと呼んでいる。標準のAIのコードは国際EAN協会が定めている。AIは2桁から4桁の数値コードである。それぞれのデータ項目ごとにそのデータの長さが固定長または可変長で定められている。
 現在定義されているAIは既にGS1-128(EAN-128)が実際に使用されているものから定められている。これらを分類すると梱包識別、商品管理、計量表示、業務管理の分野に大別される。その概要を第2表に示す。詳細は(財)流通システム開発センターが発行している「EAN-128概要説明書」を参照されたい。
 ここに定められていないデータ項目以外のデータを使いたい場合は90から99の企業任意設定データのAIを使うことになるが、普遍的で使用頻度が多いと思われものは国際EAN協会に提案して標準のAIを新たに定義することができる。
分類 使用条件 内容 アプリケーション識別子(AI)
梱包識別 一律使用 ・混載(詰め合わせ)商品段ボールに梱包番号を表示する場合
・パレット積みされた複数段ボール全体に梱包番号を表示する場合
・SCMラベルに表示しASN(事前出荷明細通知)システムとして利用する場合
”00”
SSCC「標準コンテナ・コード」
商品管理 条件付き
使用
・SCC(出荷コンテナ・コード)で、具体的にはITF14の商品コード
 標準物流シンボルITFが表示されていない場合
”01”
SSCC「標準コンテナ・コード」
・リニューアル商品・規格変更商品の場合 ”20”
・商品日付(製造年月日、包装年月日、保証期限日)を表示する場合 ”11”~”17”
・商品ロットナンバー ”10”
・商品の連続番号 ”21”
計量表示 条件付き
使用
・計量商品(食肉・鮮魚)段ボールに重量、容積、体積を表示する場合 ”310”~”369”
業務管理 オプション
使用
・顧客の発注番号 ”400”
・顧客の発注番号 ”400”
・商品の託送番号 ”401”
・ロケーションナンバー ”410”~”421”
・内部使用・企業任意設定データ ”20”

GS1-128(EAN-128)の開発の経緯
 

バーコードの表示データ形式まで含めた標準化は共通商品コードの標準化として、UPC、EAN-13など25年前から行われPOS、EOS、検品の業務で世界的に普及してきた。集合包装の商品コードのマ-キングとしてITFが標準化されたのが10数年前で、これも物流管理、商品管理の分野で広く使われてきている。
 この間、物流仕訳や商品管理、製造日や製造番号の管理などのに個別企業のシステムとしていろいろなバーコードが使われてきたが、その標準化が遅れていた。国際EAN協会は、そのため標準バーコードとして、1992年にGS1-128(EAN-128)を標準化し、その普及促進をはかってきた。つまり、EAN-128は、共通商品コード以外の汎用の標準バーコードシステムである。
 近年、各国のECRの基盤整備の中で、EDIとともに、共通商品コードのバーコードEAN-13、ITFとあわせてGS1-128(EAN-128)が注目を浴びて、各種のビジネス・モデルが開発されてきている。
 わが国でもコード128のバーコード・シンボルは1996年にJIS化(JISX0504)されている。
 1994年に(財)流通システム開発センターは商品関連情報、企業間取引情報などの業務システムを識別する「アプリケーション識別子とコード128利用マニュアル」を作成して、GS1-128(EAN-128)の利用研究にはいった。当年、一貫パレチゼーションを目的とした「EAN-128/連続パレット番号に基づく総合標準パレット・バーコードシステム・ガイドライン」を発表した。また、日本チェーン・ストア協会と共同で「EAN-128/連続梱包番号に基づくSCMラベルによる新検品システム」を開発した。このシステムは(株)ダイエー、ジャスコ(株)、(株)伊勢丹を初め多くの企業で仕入れ先との間で使われている。 1996年には、当センターは「EAN-128ガイドブック」を作り、EAN-128のシステム構築の支援をしている。


EDIとバーコードの統合システムと標準取引コード

 

最近の企業間取引では、物や伝票の流れの中で、物や伝票に表示される、管理上のキーとなるコードを表示されたバーコードと、EDIで交換される詳細な内容情報が組み合されて効果的な管理情報システムが構築される。それらのためのEANのシステムの標準の体系を第2図に示す。EDIとバーコードの関係は前述の通りであるが、その中で果たす共通商品コードやロケーションナンバー(共通企業コード/事業所コード:共通取引先コード)などの標準取引コードの役割は大きい。標準取引コードの中でも近年物流EDIのキーコードとしてSSCC(標準コンテナー・コード)が重要な役割を果たすようになってきている。これらの標準取引コード内容をバーコード表示するのがEAN-128である。その意味で今後流通EDIの中で果たすGS1-128(EAN-128)の役割はますます重要になってくる。

 
 第2図 EDI、バーコードの統合システム
GS1-128(EAN-128)の応用分野
  GS1-128(EAN-128)は、基本的にどのような業務にも応用出来る。現在多くの国で、健康産業、食品・雑貨のECR、繊維産業のQR、生鮮産業などのサプライチェーン・マネージメントの環境整備の中で業界の標準としてEDIのシステムと組合わせて利用されている。また、個別の企業の社内業務でもGS1-128(EAN-128)が利用されている。
 物流の分野では出荷管理にSSCC(標準コンテナ・コード)や、納品先のロケーションナンバーが物流ラベル(SCMラベル)の上のGS1-128(EAN-128)データモデリング表示され方面別仕訳や、受入管理に利用される。ASN(EDI事前出荷システム)/SCMラベルのシステムでは物流される物に貼付された SSCCとASNで送られる詳細内容データと組み合わされ物流管理の効果をあげている。また、アパレル業界ではハンガー・システムでは商品のSSCCを GS1-128(EAN-128)で表示される。パレットや折りコンにもGS1-128(EAN-128)が使われている。
 商品管理の分野では、医薬品・医療用品業界やデーリー食品業界などで製造年月日、ロットナンバーの管理に、ハムやチーズなどの不定貫商品を定量した時点での重量管理に使われている。最近ヨーロッパやその他の地域の多くの国で食肉の管理に家畜が生まれた時点で番号付けがされて肉となりバラされるまでを管理するシステムが盛んに構築され、それにGS1-128(EAN-128)が使われている。タイやシンガポールでは高級な花の種・苗や魚に同様な管理システムが使われている。高級な毛皮や宝石の個品管理も同様である。
 衣料品や家具などではブランド・型番までをEAN-13で表示し、色やサイズの属性情報はGS1-128(EAN-128)で表示するシステムの事例がある。このような使い方をすれば、EAN-13の部分で多くの業態のPOSに適用ができ、さらに色。サイズなど詳細管理を必要とする企業への要求も同時に満足される。食品業界の重量や賞味期限情報もこのようなEAN-13とGS1-128(EAN-128)の併記表示として使われている。
 業務管理の分野では、従来日本では10年前からJANコードを使って行われてきたコンビニエンス・ストアやスーパーの店頭で支払うガスや水道、電気などの公共料金の請求書管理の番号も国際EAN協会はEAN-128で標準システムのガイドラインを作成した。つまり、請求書番号や納品書などの管理番号への応用である。 以上あげた事例ははんの一部であり、EAN-128はまだまだ多くの分野に応用されており、今後さらに応用分野は広がっていくであろう。次号でそれらの事例の詳細をいくつか紹介する。

GS1-128(EAN-128)を読み取るならこれがおすすめ」
有線タイプ

NL2001U

無線タイプ

NL2002IW
 
「GS1-128(EAN-128)を作るならこれがおすすめ」
ラベル作成ソフトウェア

BarTender