ホームへ > 導入事例一覧へ データ入力

データ入力

データ入力に多彩な設定が可能

データ入力の特殊設定活用

導入イメージのご紹介

・ 日本語入力中に半角出力を
・ AS400実行キーを右CTRLキーで代用
・ PCのシャットダウン
・ ケタ数抜き出し

日本語入力中に半角出力を

内容

日本語入力中に半角出力を1

キーボードで日本語文章をかな入力中にバーコードデータを入力しようとすると、バーコードデータも全角になってしまいます。

スキャナからのバーコードデータのみ半角にする場合、この設定で可能になります。

設定の構造は、 全角/半角OFF→バーコードデータ→全角/半角ON となっています。

※)スキャナの設定は英語キーボードにします。
※)使用するアプリケーションによっては対応できない場合がございます。

設定例

日本語入力中に半角出力を「設定」

活用例

EXCELなどで作文中にセルにバーコードデータを入力したい。

AS400実行キーを右CTRLキーで代用

内容

AS400実行キーを右CTRLキーで代用「内容」

AS400(SYSTEM-i)におけるキー操作において、入力値確定のための実行キーを、DOS/Vキーボードでは右Ctrlキーで対応します。

本設定では、バーコード入力後に改行の代わりに右Ctrlキーを付加することで、スキャナでのバーコード入力確定を可能にします。

設定例

※ ご使用の際はターミネータの設定を“なし”にして下さい

AS400実行キーを右CTRLキーで代用「設定」

活用例

AS400の業務システム。

PCのシャットダウン

内容

PCのシャットダウン「内容」

PCを電源OFF(シャットダウン)させるバーコード設定です。 作業者にPCのキーボードを触れさせたくない現場で活用できます。
キーボードレス、スキャナだけで作業させるケースです。

設定例

※ ファンクション設定ON

PCのシャットダウン

活用例

工作機の設定をPCとバーコードで行っているケース。
店頭ディスプレイで、パワーポイントファイルをエンドレスで流しているケース。

ケタ数抜き出し

内容

ケタ数抜き出し「内容」

バーコードの指定桁を抜き出す設定です。
バーコードデータの中から必要な情報だけ取り出して扱うのに便利です。

設定例

ケタ数抜き出し「設定例」

活用例

医療関係の EAN128 ラベルよりロット番号だけ抜き出して使用する
ケースや、商品コードのみ抜き出して使用するケース

おすすめ機種(対応機種)

FFTA7T  FFTA7T
FFTA10A  FFTA10A
  FFTA10AP

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら