PC-POS

数量入力をバーコードで

入荷作業や販売を効率化する

導入前の課題

販売や入庫処理をする際、商品が複数個あるとバーコードスキャナとPCでの数量入力を交互にしなければならず、手間がかかる。

導入イメージ

【 PC-POSでの活用例 】

レジでの入力作業が容易 (1)FFTA7Tシリーズなら、同じ商品を販売する際、スキャナの背面にあるテンキーで数量入力が可能です。
入荷検品が容易 (2)同じ商品が多数ある入荷検品作業時にも、FFTA7Tシリーズなら数量入力が楽にできます。
ラベル発行が容易 (3)FFTA7Tシリーズなら数量入力ができるのでパソコンレスで追加ラベル発行も可能です。

導入後の効果

・バーコードを読む作業と数量入力作業が同時に行えるので
 作業効率が上がった。
・ラベル発行業務でパソコンを置かずに済んだので省スペース化が出来た。

おすすめ機種(対応機種)

FFTA7T  FFTA7T

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら