棚卸

バーコードと数量から自動的に結果を算出し、リスト化

作業時間を短縮する棚卸ソリューション

導入イメージ

倉庫・棚 (1)倉庫・棚番号のバーコードをスキャンします。
商品・部品 (2)商品コード・部品番号のバーコードをスキャンします。
商品・部品

(3)商品の数量を入力します。

ひとつの商品が終わったら、(2)~(3)を繰り返します。

データ転送

(4)データの入力が完了したら、パソコンへデータを転送します。

ハンディターミナルからPCへデータ転送する時に商品マスタを参照して、バーコードデータと一緒に商品名・単価・備考と一緒にXLSファイルを出力します。

ポイント

◎ Excelファイルの商品マスタを参照して、カウントしたバーコードと数量から自動的に商品名や金額の合計を算出し、リスト化します。

◎ カウント結果はExcelファイルとして生成されるので、特殊なDBソフトは不要です。また、xlsファイルなので既存のシステムにも簡単に取り込み可能です。

◎ 棚番コード・担当者コードが設定できます。

◎ 操作が簡単な3ボタンタイプ(NL9723TANA)と、数量入力が楽なテンキー付きタイプ(NL9728TNP)の2種類を用意しました。

◎ 貴社の運用にあわせてカスタマイズ(有償)が可能です。

おすすめ機種(対応機種)

NL9728TNシリーズ  NL9728TNシリーズ
NL9723TANAシリーズ  NL9723TANAシリーズ
 NC1505TNPシリーズ

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら