資産管理

煩雑な備品管理を可能にする

共有備品の貸出管理ソリューション

導入前の課題

資産を台帳で管理していたため、台帳のメンテナンスが追い付かず、実数とデータが違ってしまっていた。そのため、どこに何があるのか把握できず、資産の紛失や、無駄な備品の購入などにつながっていた。

導入イメージ

事前準備 テープラベラーで、備品ひとつひとつに、物品コードのバーコードをつけます。

貸出時

導入イメージ

返却時

導入イメージ

業務終了時 1日の業務終了時に、収集したデータをPCに送信

ポイント

・3ステップの簡単操作で、貸出・返却の履歴を収集できます。
・貸出・返却の日時は、アプリが自動で付加します。
・データ転送は、iPhone/iPod Touchの機能(電話網/Wi-Fi)を使用します。

導入後の効果

バーコードの簡単な作業で、どこに何がいくつあるのかを把握できるようになった。そのため、遊休品なども管理できるようになり、時間とコストの削減につながった。

おすすめ機種(対応機種)

 NL2002IW + IOS-SS
 (セットで必要となります。)

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら