ホームへ > 導入事例一覧へ 投薬過誤防止

投薬過誤防止

医療現場で投薬ミスを防止する

リストバンドと処方薬のバーコード照合

導入前の課題

医療現場において入院患者への薬を取り間違えそうになったことがある。

導入イメージ

【 処方薬照合の例 】

リストバンド患者番号 (1)入院患者のリストバンドに付いているバーコードをNL2002IWで読みます。
処方箋のバーコード (2)処方薬のバーコードラベルを読みます。
データ照合

(3)照合結果が正しければ、iPhone / iPod Touchの液晶にOKメッセージが一瞬表記され、次の照合作業へ進められます。
照合結果が間違っていると、ビープ音とNGメッセージでお知らせします。

※NGの場合「閉じる」ボタンを押さなければ、次の照合作業へ進められません。

導入後の効果

バーコードによる照合により、患者のリストバンドと処方薬とをチェックする事ができるため、投薬ミスを防ぐことができます。

おすすめ機種(対応機種)

NL2002IW IOS-CK  NL2002IW + IOS-CK

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら