ホームへ > 導入事例一覧へ ピッキング

ピッキング

誤出荷/異品種混入を防止する

ピッキングリストと商品のバーコード照合

導入前の課題

ピッキングを目視で行っていたため、商品を間違えて出荷してしまった。

導入イメージ

【 出荷品ピッキングの例 】

出荷指示書 (1)出荷指示書にある型番のバーコードをNL2002IWで読みます。
商品バーコード (2)商品棚にある出荷品の商品バーコードを読みます。
データ照合 (3)照合結果が正しければ、iPhone / iPod Touchの液晶にOKメッセージが一瞬表記され、次の照合作業へ進められます。
照合結果が間違っていると、ビープ音とNGメッセージでお知らせします。

※NGの場合「閉じる」ボタンを押さなければ、次の照合作業へ進められません。

導入後の効果

バーコードによる照合で作業時間の短縮ができ、また見間違いでの出荷ミスが防げるようになった。
また、照合データもPCに保存できるので履歴管理も容易になった。

おすすめ機種(対応機種)

NL2002IW IOS-CK  NL2002IW + IOS-CK

お問い合わせ

※お問合せ内容はSSLで暗号化して安全に送信されます。
お問い合わせはこちら
導入事例に関するお問い合わせはこちら