ホームへ > Q&A一覧へ トリガーボタンを引いたときにCCD光が照射されるタイプだと思いますが、常時スキャンする動作モードに設定することは可能ですか?
トリガーボタンを引いたときにCCD光が照射されるタイプだと思いますが、常時スキャンする動作モードに設定することは可能ですか?
A: 可能です。
FFTA7シリーズには初期設定時の「トリガーモード」以外に「連続on/常時点灯モード」や「点滅モード」などの読取りモードがあります。
読取モードを変更することで、トリガーボタンを使わずに常時スキャンが可能になります。

ご参考までに、取扱説明書の記述を下記転載します。
================================================================
トリガーモード
 トリガーモードでは、トリガーボタンを押すとCCDを発光し、その間に読取りを行ないます。バーコードを読取るまたは、トリガーボタンを押してから約10秒間読取りをしないとCCDが消灯します。

連続on/常時点灯モード
 連続モードでは、トリガーボタンを一度押すと、CCDを発光し続け読取りを行ないます。バーコードを読取ってもCCDは消灯せず、連続してバーコードを読取ることができます。同一のバーコードを連続して読取る場合は、1つ目のバーコードを読取った後、一旦CCD照射をバーコード以外の場所にずらしてから再度、目的のバーコードをスキャンします。
※電源供給を断つ(USB・PS/2ならケーブルを抜く、RS232ならケーブルを抜くまたはACアダプタを外す)か、読取モードを変更するまでCCDを照射し続けます。

点滅モード
 点滅モードでは、一度トリガーボタンを押すとCCDが発光し、トリガーボタン操作なしでバーコードの読取りが可能になります。バーコードを読取り後約10秒間何も読み取らないと点滅モードに移行します。点滅中もバーコードの読み取りは可能です。一度読取りに成功すると、約10秒間点灯モードに復帰します。

================================================================

弊社では無償でのデモ機お貸出を行っておりますので、実機にてご確認頂くことが可能です。お貸出期間は1週間で、返送時送料のみご負担をお願いしております。
弊社ウェブサイトよりお申し込みくだされば迅速に対応させて頂きます。

デモ機貸し出し申し込み