ホームへ > バーコードとは?一覧へ JAN/EANコード規格

JAN/EANコード規格


JAN/EANコード規格
 
 
 第1図
 第2図
第2図
「バーコードの構成」
 

JAN/EANコードは13桁または8桁(短縮バージョン)がある。(第1図、第2図参照)。
JANコードは4種類の太さのバーとスペースで構成される。JAN/EANコードにはキャラクタ間ギャップがない。
1キャラクタは7モジュール(2本のバーと2本のスペース)で構成される。

JAN/EANコード(13桁)は第1図のように、左側からレフトマージン(11ジュール以上)、レフトガイドバー(3モジュール)、6桁のデータキャラクタ、センターバー(5モジュール)、5桁のデータキャラクタ、1桁のモジュラーチェックキャラクタ、ライトガイドバー(3モジュール)、ライトマージン(7モジュール以上)で構成される。

JAN/EANコード(8桁)は第2図の様に、左側からレフトマージン(7モジュール以上)、レフトガイドバー(3モジュール)、4桁のデータキャラクタ、センターバー(5モジュール)、3桁のデータキャラクタ、1桁のモジュラーチェックキャラクタ、ライトガイドバー(3モジュール)、ライトマージン(7モジュール以上)で構成される。

* ガイドバーは左右ともに「101」で表示する。
* センターバーは「01010」で表示される。
* 1キャラクタ(0から9までのキャラクタ)は、第3図のように7モジュールで表現され、2本のバーと2本のスペースで表示する。
* 13桁のJAN/EANコードは、最初の1桁目(プリフィックスキャラクタ)の数値に応じて奇数または偶数のパリティを組み合わせて用い、8桁のJAN/EANコードは奇数パリティを用いてキャラクタを構成する。

 
   第5図 プリフィックスキャラクタ
「チェックキャラクタ」
 

チェックキャラクタはモジュラス10/ウエイト3で計算される。
計算方法は、第6図のデータ「491234567890」の場合を例に説明すると

1. 最終桁(一番右側)から奇数桁の各数字を合計して3倍する。
(0+8+6+4+2+9)X3=87
2. 最終桁から偶数桁の各数字を合計する。
9+7+5+3+1+4=29
3. 奇数桁と偶数桁の結果を合計する。
87+29=116
4. 116の1の位を10から引く
10-6=4
4がチェックキャラクタである。従ってデータは、「4912345678904」となる。
(注:10-0=10となった場合にはチェックキャラクタは「0」を付加する。)

   
 
「資料」
 

世界各国の国コード表

     

「JAN/EANコードを読み取るならこれがおすすめ」
有線タイプ

FFTA10AP/FFTA10BPシリーズ

無線タイプ

NL2002IW
 
「JAN/EANコードを作るならこれがおすすめ」
ラベル作成ソフトウェア

BarTender