ホームへ > バーコードとは?一覧へ CODE-39規格

CODE-39規格

 
CODE-39規格
「バーコードの構成」
  CODE-39は、2種類の太、細のバーとスペースで構成される。CODE―39にはキャラクタ間ギャップが有り、1キャラクタは9本のバーとスペース(5本のバーと4本のスペース)で構成され、3本が太のバーまたはスペースで表現される。スタート・ストップコードには*が使用される。CODE-39では桁数の制限が無い。また、CODE-39は数字(0―9)、アルファベット(A-Z)、特殊記号(-、.、スペース、$、/、+、%)を表現できる。

CODE-39は非常に誤読率の低いバーコード体系で、一般的に1/300万の誤読率と言われている。チェックデジットをCODE-39に用いれば誤読率は1/1億4900万と非常にすぐれたコード体系である。

CODE-39は第1図のように、左側からクワイエットゾーン(1キャラクタ以上)、スタートコード(1キャラクタ)、キャラクタ間ギャップ(細スペース以上)、データキャラクタ、キャラクタ間ギャップ(細スペース以上)、ストップコード(1キャラクタ)で構成される。

 
 第1図コード化例
第2図キャラクタ間ギャップ
第2図キャラクタ間ギャップ  
 
CODE-39は2値のエレメント(太、細)から構成されるが、太は細の2.2―3.0倍の太さで表現される。バーコードのキャラクタは第3図の様なエレメントで表現される。
 
 第3図コード表

「チェックデジット」
 

CODE-39では特別チェックデジットは必要としないが、使用する場合にはモジュラス43を使用する。チェックデジットは最終データとストップコードの間に入れる。

チェックデジットの計算方法は
データ*ABC12345XYZ*の場合

1. スタート・ストップコード以外のデータを換算表の数字に割り当てる。
2. 割り当てられた数字の合計を求める。
10+11+12+1+2+3+4+5+33+34+35=150
3. 総和を43で割り余りを求める。
150÷43=3余り21
4. 余り21がチェックデジットとなる。この21を換算表に当てはめてるとLになる。
5. バーコードは*ABC12345XYZL*と表現される。

  第4図 CODE39のチェックデジット換算表

 

 
「寸法」
 

1. モジュール寸法
最小エレメント(X)はAIMの規格では0.191mmである。また、最小エレメントの比(太、細の比)は、AIMの規格では次のように決められる。
 X≦0.508mmの場合 1:2.2-3.0
 X≧0.508mmの場合 1:2.0-3.0
2. クワイエットゾーン
クワイエットゾーン(Q)は10Xまたは2.54mmのいずれかの大きい値とし、スタートコードの前とストップコードの後ろに必要である。ペンスキャナなどの手動読取の場合には6.35mm以上が望ましい。
3. キャラクタ間ギャップ
キャラクタ間ギャップ(I)の最小値は1X-t(tは許容誤差)で、最大値は次のように決める。
X<0.25mmの場合 5.3X
X≧0.25mmの場合 3Xまたは、1.35mmの大きい値。
4. シンボル長
クワイエットゾーンを含むシンボル長(L)は次のように決定される。
L=(C+2)(6X+3NX)+I(C+1)+2Q
C=スタート・ストップコードを含まないデータキャラクタ数
N=太、細エレメント比(1:2.5など)
X=細エレメント幅
I=キャラクタ間ギャップ
Q=クワイエットゾーン
5. シンボル高さ
最小のバーコードシンボルの高さは、一般的に6.35mmまたは、シンボル長の15%のいずれか大きい値を取る。
6. 許容誤差
エレメントの許容誤差は、細エレメント幅(X)と太細エレメント比(N)で現される。

 
    4    2
t=±――(N- ― )X
   27    3
※一つのキャラクタにおいてエレメント幅の合計がその公称値から2tを超えて外れてはならない。

 

 
 許容誤差比
 
「CODE-39を読み取るならこれがおすすめ」
有線タイプ

FFTA10AP/FFTA10BPシリーズ

無線タイプ

NL2002IW
 
「CODE-39を作るならこれがおすすめ」
ラベル作成ソフトウェア

BarTender